鎌倉時代鎮西上人が開山
筑後の名刹大本山善導寺は、源平争乱の後中世への転換期に建立された。筑後の在国司兼押領使であった草野氏を外護者とし、鎮西上人(聖光房弁長)が開山となり、13世紀初頭に浄土宗寺院としてその歩みを始めたのである。鎌倉佛教の幕開けは、本願念佛提唱の元祖、浄土宗開祖法然上人による立教開宗である。その法然上人の直弟子鎮西上人(浄土宗二代)によって興隆の基礎がつくられ、現在も浄土宗大本山として九州浄土宗の拠点、念佛の根本道場である。
寺伝には、鎮西上人が遊行の途中、6人の盗賊に遭い、その6人を教化改心させ、その地を佛法有縁の所と定めて井上山光明寺を建立されたとしている。のちに鎮西上人によって善導大師像が奉安されてからは井上山光明院善導寺といわれるようになった。大門上に掲げられている山号「終南山」は終南大師(善導大師)に因んだもので近年使われるようになったものである。

鎮西上人終焉の地
鎮西上人は、応保2年5月6日(1162)、筑前香月(北九州市八幡西区)に香月城々主の甥として誕生された。母上は出産のため落命され、上人はのちに産屋の跡に吉祥寺を建立され母の菩提を弔われた。
幼少にして出家され、法然上人との出逢いにより師事すること8カ年、その後九州に帰り念佛弘通にまい進される一方48カ寺を創建された。浄土宗の本義を第三代然阿記主良忠上人に授け、嘉禎4年2月29日(1238)77歳で示寂された。滅後仁考天皇より「大紹正宗国師」の号を賜った。著書に「末代念佛授手印」等多数ある。

●善導寺TOP PAGE/由緒 ●行事/年中行事/案内図
●鎮西上人御廟/勅使門と菩提樹・楠大樹/本堂/本尊/筑紫箏曲