ライン
浄土宗 ≫ 寺院紹介 ≫ 法然上人二十五霊場 ≫ 第1番 誕生寺
ライン
第1番 美作
誕生寺
〒709−3602 岡山県久米郡久米南町誕生寺808
電話 08672−8−2102番
両幡の 天下ります 椋の木は 世世に朽ちせぬ 法の師のあと
 この寺は法然上人の誕生の地である。今から850年の昔、 法然上人の父、漆間時国公の屋敷あとといわれている。
 法然上人は幼名を勢至丸といい、9才のとき父が、定明という 武士によって、夜討ちをうけて亡くなったがその遺言によって、 出家する決意をされ、比叡山に登るとき、母との別れを惜まれた ところである。
 建久4年(1193)法然上人の弟子である熊谷蓮生(熊谷直美 のこと)が、師の法然上人の命により、上人の木像を背負ってこ の地にきたり、旧邸を寺院に改めたものとつたえられる。
 境内には法然上人産湯の井戸、お誕生の奇瑞をつたえる椋の木、 敵将の定明が目の傷を洗った片目川、上人の幼時手植された公孫 樹などがある。
  附近に法然上人がご幼少のみぎり勉学された那岐山の菩提寺、母が祈願した岩間観音の本山寺などがある。


法然上人の足跡をたずねて―誕生寺
誕生寺ホームページ