光照山 宗忠寺
文禄3年(1594年)当地領主小笠原宗忠に依って建立された。開山は西蓮社雲誉上人。
開基宗忠は天文17年三河国幡豆(はず)に生まれ、その父長隆と共に徳川家康の幕下に属して功をあげ、天正18年関東入国の際、領地として武州郡築郡(都田村・池辺)1500石を賜る。その後、家康の第4子松平忠吉が、武州忍城主10万石(埼玉県羽生市)に封ぜられた際、家康より筆頭家老に任命された。
幼少の君主忠吉(松平薩摩守・12才)を助けて藩政たて直しに寝食を忘れて努力する。江戸府内を流れる河川の洪水の為利根川上流の第1期治水工事の大業を完成した。
文禄3年に佛恩を感謝して池辺の地に当寺を建立した。建立当時は、父の名をとり長隆寺と称していたが、宗忠の没後寺号を宗忠寺と改めた。慶長5年関ヶ原役後宗忠は3万石を賜り犬山城主となる。慶長12年宗忠は関東に召されて佐倉城主、2万8千石、慶長13年9月常陸の国笠間城主3万石に封ぜられたが、老齢に至り池辺村に閑居、元和3年8月15日没して当寺に葬る。
江戸末期には、入って右小池のほとりに弁天堂と稲荷社があり門前には地蔵堂があった。江戸時代寺子屋を経営していた。御朱印七石を受けている。


※「心といのちの相談所」
 大本山清浄華院認定心理カウンセラーが、悩み事など、お聴きします。
 お問い合わせください。

※永代供養塔のご案内
 近年、お墓を受け継ぐ方がいない等の理由で墓地を維持出来ないといった、墓地のことで心配される方が増えてきております。
 宗忠寺永代供養塔はこのような心配がいらず、当山が当家に成り代わりご供養いたします。
イメージ写真 イメージ写真

光照山          宗忠寺
住所: 〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町2704番地
TEL: 045-941-4726 FAX: 045-941-5685
URL: ---- E-mail: ----
   
     
 
●浄土宗トップページ ●寺院紹介ページ